読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6月8日の下書き

学校に行く途中にあるたばこ屋さんの前で一本たばこを吸って、久しぶりに吸ったらおいしかったから学校に着く前に隣のコンビニでもう一本吸ってから行こうとおもった。校門をそのまま通り過ぎてコンビニの前のベンチに座ろうとしたら、ちょうどコンビニからなんか変な人が出てきて、たぶんおじさんだけど女装していて、ハイヒールを履いていたんだけど片方のハイヒールから中敷きみたいなやつがベローンと出ていてひきづるように歩いていて、わたしが座ろうとしたベンチに座って靴を直しはじめた。隣に座るのがちょっと嫌だったから、コンビニに入ってお水を買って、その人がいなくなってからにしようと思ったんだけど、買い終わってお店を出て右を見たらまだその人がいて、にやにやしてずーっと何かひとりごとをしゃべっていて、絡まれたりしたら嫌だしめんどくさいとおもったから、もういいやとあきらめて学校に入った。三限に20分くらい遅刻していた時間で、まだ行ける時間だったけど、もういろいろ嫌になってしまったから行くのをやめてしまった。でも四限がはじまるまで暇なので、購買に行っててきとうにアイスを買って食べた。べつに食べたかったわけではなかったから、あまったるくてめんどくさかった。四限はふつうに受けて終わって、帰りにこそ、例の横のコンビニでたばこを吸おうとおもった。ベンチに座ろうと思ったらまた人がいる。たぶん同じ大学の人なんだと思うけど、すこしギャルっぽくて派手目なかんじで、めちゃくちゃわたしのことを見てきて、こいつがたばこ吸うの?みたいな顔で見られた。今日は化粧もちゃんとしていなかったし、服装も真っ青のワンピースを着てリュックを背負って白いスニーカーだったから幼く見えたのか知らないけど、顔にかんぜんにそう出ていた。本当にずーっと見られていて、背負っていたリュックをお腹のほうにくるっとして、チャックを開けるところまでもずっと見られたような気がした。リュックのなかで手をがさごそしてたばことライターをつかんだけど、恥ずかしくなって嫌になって、やめた。財布だけリュックにしまって、そのまま歩き出した。すごく自分にむかついた。そのギャルもむかつく。いっそのこと小汚いおじさんになりたかった。こんなこと思うならもうタバコなんて吸うな、このサブカルクソ女ダサいブス!とおもった。
そのまま駅まで歩いて、電車に乗る。今日はこのあとライブに行く予定だったから移動。タワレコに寄って、never young beachとミツメの新譜を購入。ミツメは旧譜を買うとポスターが付いてくると書いてあったので、まだもってなかったシングルも買った。もらったポスターは部屋に飾ろうとおもう。そういえば、タワレコの前で、月9にでている歌手の女の子が何か飲み物を配っていた。ちらっとしか見えなかったけどかわいかった。母が一生懸命月9を見ているから帰ったら自慢しようとおもった。わたしはスーツを着たサラリーマンが仕事帰りにタワレコに寄って試聴しているのを見るのがだいすき。今日は二人くらいみた。スタバにいる、おとなしさうな男子高校生の次くらいにすき。ライブハウスに移動。ここのライブハウスはもう10回くらい行ってるけど今日初めて迷わずにいけた。ここでミツメを見るのはたぶん2回目。そういえばこないだはここに来たのは1月だ。以外とひさしぶりだった。そのときは隣にいた男の人に話しかけられて、駅まで一緒に帰ったきがする。ドリンクチケットをお酒と交換して待機。ドリンクをお酒にすると、ライブ中にトイレに行きたくなってしまうからいやなんだけど、最近はもうあきらめている。ふつうにトイレに行ってしまう。それよりもほろ酔いになってゆらゆらしてるほうが大事。ライブはとてもよかったし、トイレ行かなかったからずっとよく見えた。かっこよかった。それから、ミツメギャルは揃いに揃ってみんなおしゃれでかわいい。目の前でみていたカップルが彼女めちゃくちゃかわいいし彼氏も背が高くてかっこよくて、うらやましかった。ライブの間もずっとくっついてゆらゆらしていて、いいなぁとおもった。

帰ったら聴きたい音楽が待っているのはしあわせ。さっき買ったCD、はやくおうちに帰って聴きたい。いつもCD買うと、家に着くまで聴けないもどかしさも好きだけど、がまんしきれなくて気持ち悪くなるからCDプレイヤーがほしい。小学生のころ使っていたやつはこわれてしまったので、ハードオフかどこかで見つけたら買おうかな。
ライブがおわってお腹空いてしんどかったので、ちかくの吉野家で牛丼をたべる。昨日、飲んでけっこう酔ってしまって、そのときの自分の醜態をおもいだしては、今日はいちにちずっと死にたかったけど、ライブに行って元気が出た。おかげで牛丼もおいしくたべられた。
と、ライブがはじまる前に書いていたけど、べつにそんなに元気はでなかった。ライブはとてもよかったけれど。ふくろうずの人がいた。エアリフトを履いていた。牛丼はおいしかった。