読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人のセックスを笑うな

人のセックスを笑うな、開きをした。毎年、夏がおわって、日が短くなったなあ寒くなってきたなあとおもいはじめたころから、春が来たことに嫌でも気がつくころまでの間に、この映画を見てしまう。多分もう15回くらいはレンタルしているんじゃないかとおもう。借りている一週間の間にも3回とか見てしまうから、あと去年はその時期にギャオで無料配信もしていたし、いままでに何回見たのかわからない。通してじっくり見ることもあれば、bgmのようにてきとうに流しておいたり、好きなシーンだけを見たりいろいろだけどよく見ている映画。でも、どうしてこんなに見たくなるのかがずっとよくわからなくて、考えていた。バイト先の人にも好きという人がいたけど、その人は、松ケンがたまらないとかいうので、そうじゃないとおもった。その人は30代くらいの女性だから、わたしもそのくらいの歳になって年下男子を欲するようになったら、そこが一番になるのかもしれないけど、今はそうはおもわない。

ユリちゃんになりたいし、えんちゃんになりたいとおもう。とにかく、二人がとても良い。永作博美蒼井優、もちろん二人ともの容姿もすごく好みだけど、それ以上にこの役の二人はかわいい。だからずっと、自分はどちらかというと男目線でこの映画を見ていて、その二人の魅力にやられて何度も見てしまうんだと思っていた。でも、ちょっと違うことに気がついた。私は、ゆりちゃんになって、みるめくんみたいな人に好きになってもらいたいし、えんちゃんになって堂本くんみたいな人に好きになってもらいたいとおもっていて、それを満たすために見ているんだとおもう。でもそれは、みるめくんや堂本くんが自分のタイプであってかっこいいからとかじゃなくて、また別の理由がある。私は恋愛のことほとんど座学でしか知らないようなものだからまちがっているかもしれないけど、恋愛において女の子は、その男の子を好きかどうかということより、その男の子と一緒にいる自分のことを好きかどうかということなんじゃないかと思う。それは別に素が出せるとか出せないとかそれだけじゃなくて、機嫌よくいられるとか、楽しいとか、かわいくいられるとか、そういうの全部ひっくるめてその自分のことを好きであるということ。自分が幸せになれるかどうかは、そういうところが大事なような気がする。例えば、わたしはもちろんかっこいい男の子やすごくおしゃれな男の子が自分のことを好きになってくれたら、それはとても嬉しいけど、結局それがその人の一番のいいところのような人とは、一緒にいる自分のことは、そんなに好きになれないとおもう。きっと、私はイケメンの前で取り繕わなくていいほどかわいくないから、見合うように外見も見栄を張っているとおもうし、中身だって、変なことして嫌われたくないとか、恥ずかしいとかそういうことばかり考えてしまうと思う。おしゃれなカフェに行ったり映画を見たりしてたとえそのときは楽しくても、多分その自分のことはそれほど好きになれないとおもう。

えんちゃんとユリちゃんは、それぞれ堂本くんとみるめくんと一緒にいるときの自分のことがきっと好きだとおもう。堂本くんやみるめくんのことももちろん好きだけど、彼らと一緒にいるじぶんのことも好き。同性でも異性でも、自分が好きな自分のことを好きになってくれる人のことは絶対に好きになれる。自分しか知らない、自分のかわいいところ、じぶんに監視カメラをつけて一日中監視しておかないとわからないようなところをかわいいと言ってもらえたら、とてもとても幸せなことだろう。この二人は、そういう男の子を見つけられているから、より一層かわいく見えるんじゃないかなとおもった。

あと、わたしはYUKIがすごく好きなんだけど、ユリちゃんの中にYUKIを見てしまう。まずYUKI永作博美は顔の系統は似ていると思うし、髪型もそんな感じだし、自由で天真爛漫で、ぴょんぴょんしていそうなところもなんとなく似ていて、見ていてワクワクする。

そういうわけで、この映画はわたしにとって大切な恋愛映画で、人肌が恋しくなる季節にはどうしても見たくなって、見て恋愛したくなるけど、現実は結構むずかしいということでおわってしまう。今年もあと何回見るかわからないけど、現実の恋愛につながるかはどうせまた別のはなし。