20171011

洗濯していた枕カバーが乾いたから、代わりにつけていたタオルをはがして、きれいになったカバーにつけ代えた。そういえば、毛布を出そう出そうと思いながらもまだタオルケットで寝ている。タオルケットの上に羽毛ふとん。枕もとにはダイオウイカのぬいぐる…

忘れる唄

ちょうどいいタイミングでアイフォンが壊れた。 特に何があったわけでもないけれど、なんかもう色々全部めんどくさくていやになっていた。人事の人やゼミの先生にメールの返信をしないといけないとかそういうのも投げ出したかったし、SNSも、手に届くところ…

たのしくない夏休み

いまのところ夏休みぜんぜんたのしくない。 おおげさに言うと、2日間まるまる起きて、2日間まるまる寝てる、みたいなかんじ。バイトに行って夜更かししてまたバイトに行って、休みの日はとにかく眠るだけ。夜更かしと言ってもともだちと夜遊びをするわけで…

朝起きて‼︎会社行って‼︎

朝から、こたつでごはんを食べながら、録画していた先週のカルテットを見て泣いた。 なんていうか、そんなことはどうでもいいんだよ、もっと大事にするべきことを知っているくせに、大事なことは別にあることをわかっているくせに、うるさい〜そんなのどうで…

ずっと眠い

このごろおどろくほどいつも眠たくて、寝てばかりいる。脳がへんなんじゃないかとおもう。寝ても寝ても眠くて、電車はよく乗り過ごすし、きんちょうしている面接の前もあくびがでるので化粧が落ちないか心配になる。それに、見る夢はいやなかんじのが多い。…

後悔

7時半に一回おきて、親を見おくってからベッドにもどって二度寝をした。ここ一ヶ月くらい、平日は毎日こうやって二度寝をしている。親にはちゃんと起きたところを見せて、しゃんとしているふりをして、着替えようかな〜くらいの雰囲気を出しておいて、いな…

ソラニンと散歩の話

ひさしぶりに浅野いにお『ソラニン』を読んだ。 友だちに、芽衣子ちゃんに似てると言われたから。似てると言われると他人事におもえなくなって、ひさしぶりにマンガを読んで泣いた。芽衣子ちゃんは2年で会社を辞めていたなあ。 さいきん毎日、家に帰りたく…

男は不安定

たとえば、すきな男の子ひとりに、「かわいいくておもしろいな」と思ってもらえればそれだけでいいなと思う。 べつに大企業に勤めなくても、ちいさな田舎の駅員でもいいから、とりあえずひとりでもずっとそう思ってくれるひとがいれば。 そして、じぶんもそ…

カルピスの棒

さいきんカルピスが主食なんじゃないかというくらい、カルピスを飲む。原液をみずで割って、濃いめにして飲むのがおいしい。 混ぜる棒も、それ用のかわいいガラスでできたやつをつかっていたのだけど、さいきんになって割ってしまった。先のほうにガラスでで…

すべての仕事は売春である

徹夜で書き上げたエントリーシートをふくろに入れて郵便局まであるく。ほぼパジャマのかっこにメガネで、それにしてブルーハーツを聴きながらずんずんあるくから、勝手に青春をかんじていて、じぶんでもおもしろいとおもった。 それから帰ってぜいたくに昼寝…

4月18日(火)

靴がだめになったので、帰りにあたらしいのを買った。それから今日もストッキングをやぶってしまったので、ストッキングも買った。ワイシャツも一枚買い足して、ついでにバイト先に顔をだすかまよって、結局やめて、本屋によって帰った。 元気でいるようにす…

ネトストの歌(完)

このあいだ、5年前からネトストしている女の人に、ついにばったり会ってしまった。去年の9月にネトストの話を書いたときに、たぶんもうすぐどこかで会うんじゃないか、と言っていたんだけど、約半年後ほんとうに会った。正確に言うと、わたしが一方的に見…

千里の道も一歩からとかいうけど

すべてのことは一つずつやるしかなくて、1をいきなり10にするのは無理なことだとよくわかっているけれど、それがたまにわからなくなる。1を「今すぐに10にしなければ」と急におもうときがあって、あれこれやろうとするんだけどもなぜか何にも手がつか…

晴れてても寒い日

家から駅まで歩くあいだに、左足のパンプスのヒールが、排水溝の蓋の7個に1個くらいある銀のあみあみのところにはまって抜けなくなった。結構あせったけれど、すこし力を入れたら思いのほかすぐに抜けたので、よけいにあせっていた自分が恥ずかしくなって…

昔好きだった人のこと

小学1年生のときに好きだった男の子のことを思い出した。 ちょっとぽっちゃりしていて、特に運動ができるわけでもなく、かっこいいわけでもなかったけど、色が白くて目がキラキラしていた男の子だった。お父さんが近くのおしゃれなパン屋さんのオーナーか何…

考えてみるとわからないこと

お酒飲んですぐ赤くなって、すぐ酔う自分は嫌いだし、嫌いな人とも上手に話せる自分は嫌い。何事に対しても、いつでも逃げられるようにしている自分は嫌なやつだと思うし、自分はわかってる、みたいな構えをしたがる自分には吐き気がする。それでも、結局は…

小説を書いていた話

今年一年、履修していた小説を書く授業が、このあいだでおわってしまった。3年間この大学に通って、わたしのことをちゃんと覚えてくれたのは、この小説の先生と、ゼミの先生と、あともうひとり学科必修の授業の先生の3人だけだと思う。他の学校にもこうい…

二重生活

「今日、夢に〇〇ちゃんが出てきた。グラタンを食べてた。二回。『ちょっとグラタン食べていい?』って言って、グラタンを食べて、食べ終わって、それでもまだなんかそわそわしてて、『ごめん、もう一回食べていい?』って聞いてきて、いいよって言ったら、…

2016年12月30日

2015年12月31日の日記の最後に「来年はやりたいと思ったことから逃げないようにしたい。がんばることはめんどくさいしつかれるし、だめだったときのことを考えてやめてしまうけど、そうしていると、たのしいことも逃げていくような気がする。今年は、そうい…

眠りがしっくりこない夜

眠りがしっくりこない夜がある。そこそこ身体はつかれていて、つぎの日も朝早く起きる予定があって、はやく寝たいのに、どうしてもうまく寝付けない。そのことに気がつかないようにしたいから、お風呂から上がってすぐ、ほかほかのままパジャマに着替えて、…

新しい下着

バイトの前に、新しい下着を買いに行った。 いつも買うお店のファミリーセールみたいなハガキをもらったので、しばらく買い替えていなかったし、好みのデザインのものもあったから、いつものサイズを選んでお店の人に声をかけて試着室に入った。 しばらくす…

11月25日

きのう、足もとの、もう半分溶けて透明になったぐしょぐしょの雪を見て「大根おろしみたい」と言って、けっこうおもしろいことを言ったとおもったのに、友だちにスルーされてしまった。きのうは、ほんとうに寒かった。裏起毛のパーカーをかぶって、ウールの…

イヤイヤ期

ギターを弾きたいけどいまは鼻声だからいやだ。 外に出て散歩をしたいけど外は寒いからいやだ。 本を読みたいけどじっとしていたくない。 音楽は聴きたいけど前奏だけでいい。 こたつはずっといると暑くなる。 なにもしたくない。

寒いから暖かくしてね

さいきんは、すごくさびしかった。でもそうゆういろいろをぜんぶ季節のせいにして、気がつかないように過ごそうとおもって静かにじっとしていた。もういまは落ち着いて元気になったし、メンヘラツイートなどの変なことをせずにちゃんと我慢することができた…

人のセックスを笑うな

人のセックスを笑うな、開きをした。毎年、夏がおわって、日が短くなったなあ寒くなってきたなあとおもいはじめたころから、春が来たことに嫌でも気がつくころまでの間に、この映画を見てしまう。多分もう15回くらいはレンタルしているんじゃないかとおもう…

ドライなライフは意外とつめたい

家に帰ってきて、ただいま〜と言いながら勢いよく自分の部屋のドアを開けて、そのままぱたん、とベッドにうつ伏せに倒れこむと、いい匂いがする。鼻に気合いを入れてもう一度深く息を吸うと、やっぱり石けんのいい匂いがする。そのまま、ベッドに顔をくっつ…

6月8日の下書き

学校に行く途中にあるたばこ屋さんの前で一本たばこを吸って、久しぶりに吸ったらおいしかったから学校に着く前に隣のコンビニでもう一本吸ってから行こうとおもった。校門をそのまま通り過ぎてコンビニの前のベンチに座ろうとしたら、ちょうどコンビニから…

5月24日の下書き

今日は、起きたら11時でびっくりした。夢に星野源がでてきて、星野源と同じサークルで、わたしはよく遊んだりしてなかよくしていいかんじなのに、会いたいって言えなくてずっと会っていなくて、星野源の近況をともだち伝いで聞いて会いたくなって、なんで自…

2016夏ミックス

甲州街道はもう夏なのさ(Lantern Parade) サーカスナイト(七尾旅人) サマージャム'95(スチャダラパー) Drive(スーパーカー) 天気予報(ミツメ) 1000のバイオリン(THE BLUE HEARTS) 1001のバイオリン(THE BLUE HEARTS) 避暑地の出来事(荒井由実…

女は女である

かわいくなりたいなあとおもう時期。痩せたいとか肌荒れ治したいとかはしょっちゅうおもうけど、かわいくなりたいとか自分をかわいくしたいっていうまっすぐな願望は、ちょっとスパンの長い生理の周期みたいに、たまーにしか来ない。めずらしく今回のはけっ…